四つの留意点!1000万円台の家を建てるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一戸建てマイホームを建てる時に迷うのは、どのハウスメーカーに発注したらよいのかということです。ハウスメーカーを選択する際にチェックするべきポイントは4点あります。中間マージンを排除できる一貫受注方式かどうかということ。地域密着を標榜し、実際の活動歴があるかどうかのチェック。グッドデザイン賞の受賞歴の有無。どういうシステムで構造計算をしているかの確認。この4点を総合的に勘案して発注ハウスメーカーを決めれば、例えば1000万円台の家を建てる際にも、予算内で高い満足度を得られる可能性が高まります。同じような規模やグレードの建物なのにハウスメーカーによって建築費が異なることはよくあります。その理由の一つは中間マージンの有無です。設計から仕上げまで一貫受注する直営メーカーの場合は中間マージンがありませんが、元請け方式のメーカーの場合は、元請け、下請け、孫請けの各段階で利益が上乗せされるので、直営方式の方が安いのが一般的です。直営方式のメーカーは設計や構造計算、地盤改良や建築など、それぞれの分野の専門スタッフを擁しているので外注する必要がなく、中間マージンが発生しないので工費を抑えられるわけです。予算面だけでなく、工事中にある程度の変更が加えられる融通性もあります。

地域密着の有意性とデザイン力の確認は必要

メーカーの地域密着度と住宅建設は無関係に思う方もいるかもしれませんが、建物は地域の気象や環境に大きく依存しています。豪雪地帯の家と台風被害が多い地帯の家では設計思想が違います。地域の環境や事情を理解し、合理的に対応できるノウハウを蓄積しているかどうかは、地域にマッチした家を作れるかどうかに直結しています。この観点から、地域密着型のハウスメーカーが推奨される三つの理由があります。第1に地域の環境を考えた設計施工をしてくれることです。第2に地元だからこそスピーディで柔軟なアフターサービスやメンテナンスが期待できることです。第3に地域への貢献をしているメーカーはビジネスを展開する上で地域の信頼性を得る努力をしており信頼を大切にしているからです。一方、グッドデザイン賞の有無は企業努力の指標ととらえられる点で確認が大切です。この賞の審査ではデザインの優劣だけでなく、社会全体の暮らしの向上につながるかどうかも評価されます。建築においては外見だけでなく、安全性やバリアフリーへの配慮などが重視されるので、受賞の有無は企業のスキルや理念を判断する材料になります。コスト面でも1000万円台の家を建築する際には安くて上質な材料費や合理的な工期を視野に入れたデザイン力が重要になります。

マイホームの安全性を確保する構造計算の重要性

建物の構造計算に対する世間の注目度は近年高まっています。1000万円台の家を建てる際にも、正確な構造計算を望むのは当然ですから、高度な知識や技術を持つ構造計算のプロを擁しているかどうかは企業の信頼度に直結します。また構造計算に役立つシステムで実施しているハウスメーカーを選ぶことも重要になります。実物大の家を実際に揺らして耐久性などを検証する振動実験は、ハウスメーカーにとっては重要なデータを得られる検証システムですが、素人でも現場を見れば一定のイメージを得ることができ安心感も生まれます。ハウスメーカーの中には自前の実験装置を所有しているところもあります。実験データを解析し、必要に応じて設計を修正したり素材を変更するなどして一段と安全性を高めます。振動装置を所有していないメーカーは外部に依存するわけですからその分がコストに跳ね返ります。他にも安全な地盤の提供や、地盤の改善技術など、構造計算に関連する住宅建設の安全面の対応は極めて重要であり、こうした点について総合的に対応できるスキルとノウハウを持つハウスメーカーを選定することが、地震などの災害に強いマイホームを手に入れるための大切なポイントになります。

高精度の構造計算で、オーバースペックすることなく、販売価格が無駄に高くなることはありません。草加展示場は「愛犬と暮らす」がテーマのナチュラルモダンスタイルの展示場です。建てる前に耐震性能が3Dシミュレーションできる、ポラス独自の「ウッド・イノベーター」で家作りをします。ウッドスクエアの2F部分が北辰工務店のショールームとなっております。両世帯共に満足していただける二世帯住宅をご提案いたします。1000万円台で家が建つ|北辰工務店

ピックアップ記事

構造計算が重要!1000万台の家を建てるなら

近年、マンションやビルの構造計算の不備にまつわる報道が多く、住宅の安全性に対する国民の関心はかつてないほど高まっています。あこがれのマイホームが構造計算のミスによって危機にさらされるとなれば所有者の不...

1000万円台の家の多様なデザイン評価

日本には毎年優れたデザインの製造物などに対して贈られるグッドデザイン賞があります。現在の経済産業省である通商産業省が創設したグッドデザイン商品選定制度が前身です。国内でも権威ある総合的なデザイン評価の...

1000万台の家建築の際は地域密着企業を推奨

住宅建設で忘れてはならないのは地域の風土、気象、風景や環境、さらには地域文化まで意識することです。日本の北部と南部では降雪の有無や年間平均気温、台風の頻度など環境が異なっていますから、その地域にマッチ...

1000万円台で家を建てたいのなら一貫請負の企業を選択

戸建てマイホームは庶民の夢の一つですが最大の課題は予算です。日本の住宅建設費が他国に比べて高いかどうかを明確に分析するのは困難です。国によって資材費、人件費、法的規制が異なり単純比較はできないからです...