1000万台の家建築の際は地域密着企業を推奨

住宅建設で忘れてはならないのは地域の風土、気象、風景や環境、さらには地域文化まで意識することです。日本の北部と南部では降雪の有無や年間平均気温、台風の頻度など環境が異なっていますから、その地域にマッチした住宅建設を考慮す